So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

SEIKO QP-60の修理 [三分間スピーチの種]

屋外時計web.JPG
テニスコート脇に設置されている故障している製造年月日の分からない古い時計を修理しました。設置した日付は1996年とマジックでカバーの裏に記入がありました。
今年の冬の寒い朝、時計が7時を指して動きません。しばらくして太陽が昇ると一時間遅れで動き始めました。専門業者に修理を頼むと「もう寿命です。」の一言で入院することもできずに見放されてしまいました。
そこでだめもとで試しに元エンジニアの私が時計の支柱下にあるカバーを外して中を確認しました。時刻の合わせ方が小さい字で書いてあったのでその方法に従ってボタンを操作すると、なんと針が動いて時刻を合わせることができました。
一か月ほど何事も無く動いていたのですが、再び寒い朝、時刻が30分ほどずれてしまいました。
時計の上部に動力源の太陽電池が付いていています。どうやら天気の良い日は問題ないので太陽電池は働いているようです。中に充電池(ニッケルマンガン)が入っていてどうやらこれが寿命のようです。インターネットでこの充電池の番号から互換品があるか探して見つけることができました。しかし大変高額(約一万円)であったので交換すれば必ず直るという自信がなかったので購入の依頼は出しませんでした。
ある時、中古品を売っている店でバッテリーの箱の中に電圧と電流容量のほぼ互換品のリチウムイオン充電池を大変安く見つけることができました。
寿命の充電池からケーブルを外して購入したバッテリーにはんだ付けをして交換しました。
交換して約二ヶ月経ちますが狂うことなく時を刻んでいます。
次の冬の時期を迎えないと本当に直ったかどうかはわかりませんが自信はあります。
SEIKOの屋外時計が設置後20年経っても充電池はいかれても時計はきちんと動いていることに驚かされました。
もしこの時計の修理でお困りの方は連絡ください。協力しますよ。

「シェーン」 [三分間スピーチの種]

Shane Tytle.JPG
先日、子供の頃兄と一緒に映画館で観た記憶のある、名作西部劇の「シェーン」をハイビジョンリマスター版でスターチャンネルが放映するというのでブルレイーディスクに録画しました。
レーザーディスクが1981年(昭和56年)ごろから販売され始めて購入した友人が画質が良くなって「シェーン」の映画の画面の背景の遠くにバスが通過するのが見えてしまうという、違った映画の楽しみ方の話をしてくれました。
そのころ私はレーザーディスクの再生装置もディスクも持っていませんでしたので「そんなものかなと」思っていました。
録画した「シェーン」を一度通常のスピードで鑑賞した後、BDのスロー再生で映画のスタート時の背景に白いバスが見えるという場面を確認できるか試しました。
何回もスロー再生を繰り返しましたが残念ながら白いバスを確認することはできませんでした。
一説によると残念ながらDVD化する時に編集で消されたのではないかと言われています。
まだ完動品のレーザーディスクプレーヤーをお持ちの方は「シェーン」のディスクを探して再生すれば確認することができるかもしれません。
インターネットの情報では「映画のスタートのシェーンが草原を横切るときの馬の後方」「鹿が振り返る画面の馬の後方」に見えたということです。興味のある方は頑張って見つけて下さい。
残念ながら私は目を疲れさせただけでした。

最終電車 [三分間スピーチの種]

高尾駅.jpg
2016年の暮12月26日に某TV局が最終電車で寝過ごして終点の高尾駅まで連れてこられてしまった乗客の特集をしていました。
昔、会社の同僚がやはり寝過ごして最終電車で終点高尾駅にて目を覚ましたそうです。そのときの季節は夏でしたので、駅のベンチで朝の始発電車を待つことができたそうです。
番組は寝過ごして、冬の終点高尾駅に到着した人たちの物語です。高尾駅の周りには宿泊施設というものが全くありません。寒い中、我慢して駅で夜を明かす人もいるようですが、今は最終電車の乗り遅れた人たちのために八王子行きのバスが運行されています。運賃980円で八王子駅まで運んでくれます。
八王子駅の周辺には多くのホテル類が用意されているからなのですが、3500円で温泉付きのカプセルホテルまであるそうです。
番組を観ていて勤務先が中野坂上の時に新宿で飲んでいて最終電車が当時新宿駅12時半だったと思いますが、乗り過ごして西武新宿駅前のカプセルホテルに泊まったことを思い出しました。数回使用しましたが、カプセルはいつも満員で「雑魚寝」のスペースしか残っていませんでした。24時間、風呂サウナが使えて、勝手な場所で毛布にくるまって寝るというそれなりに快適で、タクシー代で1万円以上払うことに比べればずっとマシだと思って使用していました。
ホテルから出社して翌日の夜に自宅に戻った時の奥さんの冷たい視線をしばらくの間我慢する必要がありましたけど。

長靴問題 [三分間スピーチの種]

長靴問題web.JPG
務台俊介前内閣府政務官が被災地視察に関する不適切発言で辞任したというニュースを車の中で聞きました。会合でこの発言をしている様子をニュースは流していましたが、後先を考えずに本当に軽いノリで集まっている人達を和ませようと喋っているのが良くわかります。会合に出席している人たちは大変楽しんでいるようでした。
務台さんはよくいるスピーチの時に「周りの人を楽しませよう」とするタイプの政治家なのでしょう。お笑い芸人でもないのにスピーチのときには何か面白いことを話して笑いを取らないといけないと思っているのでしょう。
私もどちらかというと同じ性格で、余計なことをしゃべって失敗するという経験をしています。
こういうスピーチのなかで笑いを取ろうとする人は結構多いですが、政治家が被災地での出来事を笑いの種にしたのが大きな失敗で、とうとう「内閣府政務官」という職を失ってしまいました。職を失ったといっても衆議院議員であることには変わりないのですから収入は安泰なのでしょう。
囲碁が趣味だと聞いていますが、長靴発言は緻密な考えに基づいたとは思えない詰めの甘さが見て取れますが、「内閣府政務官」という職なんか捨てても衆議院議員であれば痛くも痒くもないという計算が働いているのでしょうか。

オスプレイ [三分間スピーチの種]

Osplay web.JPG
今日は飛ぶ鳥ではなくて飛ぶ「オスプレイ」を撮影しました。
散歩の途中で横田基地から南へ向かって飛び立つ、すでに固定翼モードになったオスプレイが3機続けて飛び立っていきました。
2017年から横田基地にオスプレイが配属されると聞いていたましたが、最近頻繁にオスプレイが飛んでいるのを良く見かけます。
そのため横田基地から飛び立つ飛行機や、着陸する飛行機を撮影しようとするカメラ小僧(実はかなりの年寄ばかりですが)がそれでなくても多いのに、オスプレイのおかげで最近非常に多く、脚立を持って横田基地の16号線沿いや近くの広い公園をうろうろしています。
彼らはトランシーバを持参していて、管制塔の交信を傍受しているらしく、飛び立つ飛行機の時間をかなり正確に把握していて、直前に撮影に最適な場所に大勢で移動します。
私の場合は散歩の途中でオスプレイの独特の「バタバタ」という音が近づくのを聞いてオスプレイの接近をしり、カメラの電源を入れて撮影体制にはいります。
そのため自分の立っている場所でシャッターを切るしかありませんので、撮りたいヘリコプターモードの機体の撮影は難しくなります。
この写真は飛んでくるオスプレイをほぼ真下から撮影しました。
私が撮影した場所は子供たちがサッカー野球などの練習をしている広い公園です。オスプレイは事故が多いと聞いていますが、構造上、ヘリコプターモードから固定翼モードに切り替えるときの事故が多いと予想されます。この公園に到達するときには既に固定翼モードになっているので少しは安全かと思っています。
事故が多いからと基地周辺では反対する人が多いですが、技術の改良で安全性は必ず向上するはずなので、私自身はオスプレイの機動性は災害時に大変有用で近い将来の大地震を考えたら横田基地配備には賛成です。

メジロ [三分間スピーチの種]

メジロ白web.JPG
メジロ赤web.JPG
今日、メジロを撮影できました。
Wikipedia: メジロ(目白・繍眼児、学名 Zosterops japonicus)はスズメ目メジロ科メジロ属の鳥の一種である。

以前目の周りが白いガビチョウをメジロと危うく間違えるところでしたが、今回は間違いなくスズメの大きさのメジロに間違いありません。ウグイスと間違いやすいということですが目の周りが白い本当に可愛い小鳥です。
いつも行く昭島の公園に白い梅の木と赤い梅の木が立ち並ぶ場所でたくさんのメジロが花の蜜を啄んでいました。
「目白押し」と言われるような並び方ではなく「てんでんばらばら」に好きな場所を飛び回って花の蜜を楽しんでいました。
花から花に落ち着きなく飛び回るのでシャッターチャンスを捕まえるのが大変だったのと、オートフォーカスの300mm望遠で撮影したのでメジロではなく近くの小枝にピントがあってしまい苦労しました。その中で一番良さそうな写真を載せました。

テニス・ダブルスゲーム [三分間スピーチの種]

テニスコートweb.JPG
毎週、火曜日と金曜日は天気が良ければ朝9時からテニスを楽しんでいます。
15分程度「肩慣らし」をして、テニスコートに集まった順番でダブルスゲームを始めます。
いつも二面を確保してあるのですぐに二面でダブルスゲームが始まります。1ゲーム
が終了すると、「じゃんけん」か「くじ」でメンバー替えをしてゲームを再開します。
12時までコートが使えますので、多い時で4ゲーム、少ない時で3ゲームの試合を消化します。
自分の記憶力の確認のために、帰りの車の中で、その日の各ゲームのペアの名前、対戦相手の名前、対戦スコアを思い出すようにしています。
歳のせいで記憶力が衰えて来ているのでしょうか、なかなか思い出すのに苦労する日があります。
今日は3試合だったので全員の名前とスコア、3-6、6-5、6-4で2勝1敗だったことをすみやかに思い出すことができました。
4試合プレーした時は、誰と組んだ試合だったかは結構思い出せるのですが、試合結果のスコアを思い出すのに苦労します。
白熱した試合で長いラリーが続くと、試合中にゲームカウントを忘れたりゲーム中のスコアを忘れたりしてしまいます。そうすると皆にもう「認知症」が始まったのかと冗談で冷やかされてしまいます。
「認知症」予防のためにも試合中のスコアは常にしっかりと頭に入れておく、その日の試合結果を思い出すことをこごろがけて、できるだけ長くテニスを続けようと思います。

身代わり出頭 [三分間スピーチの種]

駐車違反.jpg
最近、佐川急便の運転手がした駐車違反に身代わり出頭を他人にお願いして違反逃れをしているという多くの事実が発覚して問題になっています。
会社での成績に影響するとか、免停で仕事ができなくなるので違反点数を他人に引き受けて貰ったのでしょう。
シンガポールで会社の日本人技術者が、駐在が一年以上になるのに現地の免許書を取得していないときに一月の初めにネズミ捕りでスピード違反をしました。後日警察から連絡が車の持ち主:レンタカー会社にあって当日スピード違反をしたこの車を運転していた人の名前、免許書番号を提出するようにとレンタカー会社経由で会社に書類が届きました。
免許書がないので名乗り出ると何年か免許書を取得することができなくなります。
そこで身代わりの人間を現地の従業員に頼みました。
身代わりの費用に相場があって一点100ドルは必要ですがそれで良いかの確認があって探してもらうことになりました。
スピード違反20Kmで6点の違反点数でしたが、探し出して来たときには一点200ドルに値が上がっていました。
合計1200ドル(当時のレートで8万4千円)支払うことになってしまいました。現地の従業員が弱みに付け込んで上前をはねていたのは明らかですが、免許書を持っていれば150ドルの罰金で済んだことを考えると早くシンガポールの免許書を取るべきでした。
シンガポールに3か月以上駐在する場合は国際免許書ではなく現地の運転免許の学科試験を受けて50問中45問正解しなければなりません。日本人にとっては英語の試験を受けるようなもので意外と大変なので、3年駐在しても試験を受けずに車を運転し続けていた人もいました。
佐川でも身代わりの費用を払っていたと思いますが何故ばれたのでしょうか、その事の方が私には不思議です。

ハシブトガラス [三分間スピーチの種]

IMGP0669カラスweb.JPG
Wikipedia: ハシブトガラス(嘴太烏、学名:Corvus macrorhynchos)は、スズメ目カラス科カラス属 に分類される鳥類の一種。日本で「カラス」といえば本種かハシボソガラスを指すのが 一般的である。

カラスも私の散歩道、玉川上水沿いでも良くみかける鳥で、これはハシブトガラスです。つがいで行動していることが多いようです。以前テニスコート上を歩くトカゲを見つけて飛んできて持ち去ったのを目の前で目撃しました。昆虫も食べるし椎の実のような木の実も食べるし何でも食べる雑食であることを目の当たりにしました。

散歩の途中に西武線の線路わきにちょっと広い広場があって梅の木、椎の木などがあり木陰にベンチが用意されている以外の訪れる人の少ない公園があります。
その公園で時々みかける私たちよりは年上と思われる白髪の老女が、驚くことにカラスの餌付けをしています。
ベンチに座ってソーセージや、菓子をカラスにわかるようにばらまいてあるのですが、ベンチの片端にも食べ物が置いてあってカラスが近寄るのを待っているようでした。数羽のカラスが老女から遠くの餌をついばんでいるのを観ることができます。私たちがその公園の中を通るとカラスは警戒して少し離れた場所へ移動しますが、私たちが通り去るとまた、少しづつ、老女のほうへまた近づいていきます。餌付けに成功しているとはまだ言えないようですが、何故カラスを選んだのか分かりませんが、成功してカラスが老女から手渡しで食べ物を貰うところを想像すると少し不気味な気がしますが。

再びトカゲ助け [三分間スピーチの種]

my pet.JPG
雪が積もった2016年の2月でした。テニスコートの使用が再開されましたが、コート脇に集めた西側の凍った雪が溶け出してコート内に水が流れでるので注意を喚起する為に物置にあったビニール製の「ついたて」を出してきて凍った雪の前に置きました。
ビニール製のついたての中からトカゲが飛び出してコート上を這い回りました。
以前の記事「カラスの視力」で書いたように、遠くで監視しているカラスに食べられないように摘み上げてコート脇の草むらに逃がしてあげました。
これまでシンガポールの歩道で仰向けにひっくり返って自分で起き上がれないカメを助けたり、工場に入り込んで会社の従業員に捕まった大きなトカゲを逃がしたり、タイでは洪水の後、水が引いたのに逃げ遅れて会社のグランドに取り残された魚を堀のなかへ逃がしたりしてあげましたが、「鶴の恩返し」のような良いことは一つも起きていません。
気持ち的にはカラスを助けるよりはトカゲを助けたいと思ったのは、シンガポールのアパートでトカゲとは同居人として餌付けなどをして仲良くしていたからでしょうか。

メジロ? [三分間スピーチの種]

玉川上水ー鳥8メジロweb.JPG

Wikipedia: メジロ(目白・繍眼児、学名 Zosterops japonicus)はスズメ目メジロ科メジロ属の鳥の一種である。

遊歩道の散歩の途中で茂みの中をウロチョロしているのを撮影しました。
丁度こちら側を見てくれたので両目の周りが白いのがはっきりと撮影できて「メジロ」だとてっきり思いました。
調べて観ると、メジロはスズメより少し小さいもっと丸々としたかわいい鳥のはずです。
他に目の周りが白いもう少し大柄な鳥を検索すると、ありました「ガビチョウ」という外来種だったので大変がっかりしました。。

Wikipedia:  ガビチョウ(画眉鳥、学名 Garrulax canorus)はスズメ目チメドリ科に分類される鳥。同属のカオグロガビチョウ、カオジロガビチョウと共に外来生物法で特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。
日本では、ペットとして輸入された個体がかご脱けにより定着した。日本国内では留鳥として生息し、南東北関東、中部、九州北部で見られる。本種が多く観察されるポイントとして、東京都内では高尾山が有名である。

高尾山に生息しているのであれば、この辺り福生市に飛んできてもおかしくはないですね。地上採食性で、地上を走り回って昆虫や果実を食べる生態をしているようなので、この辺りでカブトムシやクワガタの死骸が多くあるのはすべてカラスの仕業だと思っていましたが、少しはガビチョウも加担しているかもしれません。
侵略的外来種とは初めて聞く恐ろしい名前ですが、今度見つけたら石でもぶっつけてやりましょう。



シジュウカラ [三分間スピーチの種]

玉川上水ー鳥9シジュウカラweb.JPG

Wikipedia : シジュウカラ(四十雀、学名 Parus minor)は、鳥類スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ 属(英語版)の1種である。

シジュウカラの囀りは「シュピシュピシュピシュピ」とか「ツィピーツィピーツィピー」と言われますがわたしには「チュピチュピチュピチュピ」と聞こえます。
伊香保温泉旅行した時にボランティアで散策の案内をしてくれた人が、ダジャレが好きでこの辺りにいるシジュウカラはわたしを見かけると馬鹿にして鳴くんです「お前のポケットはシジュウカラ!」って。と言っていたのを思い出します。

冬の玉川上水の散歩途中で非常に良く見かけるシジュウカラはちょこちょこと飛び回るのでなかなかシャッターチャンスを捕まえるのが大変ですが遊歩道でしばらくじっと止まって撮影したこの鳥はメスのようです。後で知ったのですが「オスは喉から下尾筒にかけての黒い縦線が、メスと比較してより太い」のですがこの写真のシジュウカラは細い縦線が観察できます。
単独で見かけることは少なく、数匹の群れで飛び回っています。
背中が青味がかった灰色で白黒がはっきりとした派手な色彩ではありませんが大変かわいらしい鳥です。

ムクドリ [三分間スピーチの種]

鳥Web大.JPG
Wikipedia: ムクドリ(椋鳥、学名Sturnus cineraceus)はスズメ目ムクドリ科の鳥類の1種。英名は White-cheeked Starling または Gray Starling。日本国内ではほぼ全域に分布する留鳥、翼と胸、頸は茶褐色で、頸から頭部にかけてと腰に白い部分が混じり、足および嘴は黄色い。

黄色い嘴と黄色い足を見てシンガポールで良く見かけた「Myna」という鳥と良く似ていることに気が付きました。マイナは顔に白い部分はありませんが羽を広げると両翼先端に白い部分があるのは同じです。散歩の途中でどこでも良く見かけます。
myna-web.JPG
名前は「マイナ」ですがシンガポールでもどこでも見かけるメジャーな鳥です。英名はCommon Mynaでスズメ目ムクドリ科ハッカチョウ属に分類されるアジア産鳥類の1種で、ムクドリとほとんど一致しています。非常に頭が良く、野外の食事をするテーブルに食べ残しがあると、滑空して来て食べ物を持ち去り、辛い食べ物とわかると水たまりで洗って食べるそうです。
写真は私がシンガポール駐在時に食事をしていて、丁度マイナが鳥の骨を持ち去ったところを撮影しました。この鳥は常につがいで行動していて大変夫婦仲の良い鳥で、いつもうらやましく見ていました。

日本のムクドリはたいてい大勢で行動していることが多くつがいで行動しているとは思えません。集団で行動するところは日本人に似ているのでしょうか。

ジョウビタキ [三分間スピーチの種]

玉川上水ー鳥5ジョウビキタ(Web大).JPG
Wikipedia: ジョウビタキ(尉鶲、常鶲、学名:Phoenicurus auroreus)は、スズメ目・ツグミ科(ヒタキ 科)に分類される小鳥。日本では冬によく見られる渡り鳥。

私の住む福生市で見かける鳥を散歩の途中で撮影しています。一年間で観察できたのは16種類ほどになりました。今日紹介するのはジョウビタキ。散歩の時にポケットに入れてある小型のデジカメを最大のズームにして何枚か撮影した中で一番ピントのあった一枚です。
本格的な一眼レフ望遠で撮影すればもう少しピントの合った写真が撮れたと残念です。大型のカメラを持ち歩いているときは何故か鳥が現れてくれません。


この鳥は同じ場所にしばらく滞在して長居をしてくれるので、立ち止まって待っているとシャッターチャンスが何回かやってきます。他の鳥はつがいか、大勢で集まっている時が多いのですが、この鳥は何故か一人で遊んでいるときしか出会いません。2017年2月16日に撮影しました。渡り鳥なのでこの時期にしか会えないようです。

中国産・落花生 [三分間スピーチの種]

落花生.JPG
一昨年の暮れにカインズで一袋380円、三袋で980円という値段でした。
こういう安い落花生は中国産と決まっています。もし千葉産の落花生だととてもこの値段では買えません。基本的に中国産の食べ物は危険なので避けてきましたが食べるピーナッツは殻の中に入っているので殻の中まで中国人がいたずらをすることはないだろうと判断してとりあえず三袋を購入して試食することにしました。
食べてみると、これがとても美味しいのに驚きました。すぐに三袋を食べ終わってしまって、追加で再び買いに行きました。
去年の暮れに再び同じ値段で同じ落花生が売りに出ていたので九袋まとめて購入して正月のTVを観ながら落花生を楽しみました。
落花生の実は地中にできることは知っていましたが、今年に入ってTVで落花生の実が地中で生育するプロセスを知ることができました。
根元からの栄養だけが茎を通じて落花生の実に届いて生育するのかと思っていましたが、地中に届いた落花生の種子自体が地中からの栄養を取り入れて成長するということを知りました。
いままでも中国産の落花生は殻が付いていても育てている土地自体が汚染でもされていたら落花生にも悪い影響があるだろうと少し心配していましたが、根からだけでなく殻の周りからも栄養を取っているとなるとさらに心配が大きくなりました。
しかし一昨年から今までかなりの量を食べてきたのでいまさら取り返しはつきませんが、これまで健康上の問題は「高コレステロール」だけで、落花生の問題と思われる影響は無く、取り越し苦労であればいいのですが。
このままだと、今年の暮、また同じ落花生が売り出されたら買ってしまうでしょうけど。

前の15件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。