So-net無料ブログ作成

長靴問題 [三分間スピーチの種]

長靴問題web.JPG
務台俊介前内閣府政務官が被災地視察に関する不適切発言で辞任したというニュースを車の中で聞きました。会合でこの発言をしている様子をニュースは流していましたが、後先を考えずに本当に軽いノリで集まっている人達を和ませようと喋っているのが良くわかります。会合に出席している人たちは大変楽しんでいるようでした。
務台さんはよくいるスピーチの時に「周りの人を楽しませよう」とするタイプの政治家なのでしょう。お笑い芸人でもないのにスピーチのときには何か面白いことを話して笑いを取らないといけないと思っているのでしょう。
私もどちらかというと同じ性格で、余計なことをしゃべって失敗するという経験をしています。
こういうスピーチのなかで笑いを取ろうとする人は結構多いですが、政治家が被災地での出来事を笑いの種にしたのが大きな失敗で、とうとう「内閣府政務官」という職を失ってしまいました。職を失ったといっても衆議院議員であることには変わりないのですから収入は安泰なのでしょう。
囲碁が趣味だと聞いていますが、長靴発言は緻密な考えに基づいたとは思えない詰めの甘さが見て取れますが、「内閣府政務官」という職なんか捨てても衆議院議員であれば痛くも痒くもないという計算が働いているのでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。