So-net無料ブログ作成

台湾・悠遊カード [三分間スピーチの種]

悠遊カード.JPG
悠遊カードを桃園空港で購入して台北駅まで行く計画を立てていました。インターネットで調べると駅の自動販売機でカードを100ドルで購入して、別途使用料をトップアップするという日本のSUICAと同じシステムであるという説明があったので、出国口から案内に従って数分で到着する桃園MRTの駅で100ドル札を持って自動販売機の前で探していると、駅の係員と思われる制服を着たおばさんが寄ってきて「悠遊カードを買いたいの?」というのでそうだというと500ドルだと言います。なにやらこの駅の自動販売機は最低500ドルでしか買えないようでした。係員に500ドル手渡すと自動販売機を操作してカード購入の日本語のページを出してくれました。どうやらカード代100ドル+トップアップチャージ400ドルを含んだカードのようです。桃園から台北駅までは160ドルと知っていたので丁度良いチャージ料金でした。
家内用と二枚購入してMRTに乗り込みました。大変綺麗な電車で周りの田園風景や高層ビルの景色を見ながら快適な乗り心地の約40分で台北駅に到着しました。電車内では無料Wi-Fiが使用可能で台湾のどの場所を走っているかをGoogleで確認することができました。
空港からの台北駅は本来の地下鉄台北駅から少し離れた場所にあって台北駅の中心までは地下街を5分ほど歩かなくてはなりません。出口がいろいろあってホテルのある側の出口を探すのに苦労しました。三光三越(Z4)の出口がホテルに向かうには一番便利であることが分かるまで結構時間がかかりました。格安ツアーで星がつかないようなフローラホテルですが、台北駅から歩いて5分というのは今回のフリーツアーでMRTを利用しての台北移動には大変便利でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。